2010年01月13日

安藤騎手着用の勝負服盗む=ネットに出品、男逮捕−滋賀県警(時事通信)

 昨年の桜花賞などを制したブエナビスタに乗った安藤勝己騎手が着用した勝負服を盗んだとして、滋賀県警草津署は6日、窃盗容疑で名古屋市名東区、パート店員石沢雄一容疑者(39)を逮捕した。同署によると、容疑を認め「売って金にするために盗んだ」と話しているという。
 逮捕容疑は、昨年4月下旬ごろ、京都市伏見区の京都競馬場で、日本中央競馬会(JRA)所属の松田博資調教師が所有する勝負服1着(3万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、この勝負服は、昨年3月のチューリップ賞で安藤騎手がブエナビスタに騎乗し優勝した際などに着用していた。
 インターネットのオークションサイトに出品されているのを松田調教師が発見し、被害届を出した。服は佐賀県の男性が20万円で落札したという。 

【関連ニュース】
競馬特集・GIレース優勝馬のすべて2009
〔写真特集〕時代を駆け抜けた名馬列伝
770万円詐取の防衛事務官免職=「競馬の金」、書類送検
JRA騎手、窃盗容疑で逮捕=同僚のスニーカー1足
日本ロジテム子会社の元社員逮捕=3400万横領容疑

神風特攻隊
最近のキャバ嬢事情
無料携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
posted by シシクラ タダヨシ at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

フリーやネットの記者が張り切る 総務大臣会見の開放スタート(J-CASTニュース)

 総務省の大臣会見がついに記者クラブ以外にも開放された。原口一博総務相が提案した「会見オープン化」は記者クラブ内での度重なる議論を経て、3か月越しで実現した。会見にはフリーやネットの記者たちがさっそく参加して活発に質問したが、フリーランスのジャーナリストからは「参加条件が厳しすぎるのではないか」との声も出た。

■記者会見の「質問者」の名前を明らかにせよ

 2010年最初の定例会見が開かれた1月5日。総務省の会見室は約60人の報道関係者でいっぱいになった。そのうち、記者クラブに所属していないフリーやネットの記者・カメラマンは約15人。つまり4分の1が「新参者」で占められていた。

 会見時間は約30分間。原口総務相の冒頭あいさつに続いて10人の記者が質問したが、その半数はクラブ外の記者だった。フリーやネットの記者たちの張り切りようは明らかだ。慣例で最初に質問したクラブ幹事社の次に手をあげたのも、フリージャーナリストの岩上安身さんだった。岩上さんは、総務相サイトで公開されている記者会見の発言録に「質問者」の社名・氏名を記載することを提案した。

  「どの社の、どういうジャーナリストが、どんな質問をしたかも、国民の知る権利の対象になると思うので、大臣の権限でオープンにしていただきたい」

 すでに外務省や金融庁の大臣会見で採用されている公開方式を提案したのだが、原口総務相の答えはあいまいなものだった。

  「岩上さんの提案は大変大事だと思うが、個々の記者さんの安全との関係も踏まえて、匿名の質問というものも大事に考えながら、より責任を明確にした質問に答えていきたい」

 続いて質問したフリーランスライターの畠山理仁さんは、総務省の会見が記者クラブ主催であることについて「記者の身元確認を記者クラブにまかせてしまっているのではないか」と問いただした。原口総務相は

  「私もセキュリティの問題を民間の会社にお願いしていていいのかという問題意識を持っている。公の機関として適切なのか、議論を一歩一歩前に進めていきたい」

と答えながらも、「記者クラブには記者クラブの伝統がある」として、ここでもはっきりとした結論を口にしなかった。

■「会見のオープン化をさらに進めるべきだ」

 その後、ネット選挙や外国人参政権の解禁などの質問が出たあとで、ちょっとした「ハプニング」が起きた。記者クラブが設定した参加条件を満たしていないために「質問権」がなかったはずのメディアの記者が、そのルールを知らずに質問してしまったのだ。

 質問したのは、インターネットでドキュメンタリーやインタビューの映像番組を配信しているアワープラネット・ティービーの白石草さん。白石さんはこれまでにも何回かオブザーバーとして総務省の会見に参加していたが、「大臣会見がオープン化された」と聞いて、当然自分も質問できるものだと思ったのだ。

 ところが「日本雑誌協会や日本インターネット報道協会など所定の報道団体に加盟しているメディアか、そこに定期的に寄稿している記者」という参加条件には該当していなかった。白石さんは、原口総務相が年末に表明した「情報通信文化省構想」について質問。原口総務相に回答してもらったが、会見後にクラブの幹事社から「ルール違反だ」ときつく注意されてしまった。

  「ようやく質問できて良かったと思ったが、ダメだったと分かり、ショックを受けた。今日の会見でもフリーの人達が元気よく質問していたように、活性化という意味でもどんどんオープンになったほうがいいと思うのだが……」

と白石さんは語る。特に総務省の場合は情報通信政策を扱っているので、インターネットを舞台にした新しいメディアにもっと門戸を開いてもいいのではないかという意見だ。

 地方分権という観点からも「会見のオープン化をさらに進めるべきだ」という声が出ている。中央省庁の記者クラブは在京メディアに偏りがちで、地方の視点が反映されにくいのではないかというわけだ。地方自治をテーマにした取材活動を続けているフリーランスライターの小川裕夫さんは

  「地方にはそれぞれの地域文化の担い手となっているミニコミ紙がたくさんあるが、そういう地域メディアにも会見を開放していくべきではないか。特に原口大臣は今日の会見でも『地域主権改革』を抱負の筆頭に掲げていたくらいだから、総務省は地域を司る省庁としてもっとがんばってほしいと思う」

と話す。大臣会見にフリーやネットの記者が参加できるようになったことは画期的だが、オープン化は始まったばかり。解決すべき課題はまだまだ残されているといえそうだ。


■関連記事
「ネット中継大歓迎」 総務相記者会見も開放へ : 2009/12/08
「ツイッターは魅力的なメディア」 原口総務相「活用を検討したい」 : 2009/12/11
原口総務相と「テレビ局」のズブズブ 「電波オークション消極」「利用料値下げ」 : 2009/09/18
現役引退の魔裟斗、本音明かす 「これ以上続けてくとかなりヤバイ」 : 2010/01/02
「成人式」で暴れる「バカ」 私たちギャルが許さない : 2009/01/16

酒は飲んでもはくな
お茶が大好き
出会いランキング
即日現金化
競馬サイト
posted by シシクラ タダヨシ at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<参院選>元群馬県知事、小寺氏が出馬へ…民主比例代表(毎日新聞)

 群馬県前知事の小寺弘之氏(69)が、今夏の参院選比例代表に民主党から立候補する意向を固めた。関係者が7日、毎日新聞に明らかにした。近く同党に正式に伝える。関係者によると、小寺氏は昨年末に出馬を決めたという。今月16日に予定されている民主党大会前に、小沢一郎幹事長と会談する方向で調整している。

 参院選で単独過半数を目指す民主党は、比例代表で一定の得票を見込める「ご当地候補」を積極的に擁立する方針。小寺氏は知事を4期16年務めた実績があり、昨年12月16日に石井一選挙対策委員長が来県し、立候補を直接要請していた。

 小寺氏は91年の知事選で自民党などの推薦を受けて初当選。しかし、5選を目指した07年は多選批判を受けるなどし、自民党が公認候補として擁立した大澤正明知事に敗れた。【奥山はるな】

【関連ニュース】
参院選:私鉄総連が乗り換え 民主党候補の必勝誓う
参院選:民主・輿石氏が出馬表明 山梨選挙区で
みんなの党:10人を擁立へ…参院選
民主党:「参院選勝利を」仕事始めで首相
参院選:民主は単独過半数、自民は第1党奪取…次期方針で

f7vnqek2のブログ
keitaityottyuneのブログ
クレジットカード現金化 比較
即日現金化
クレジットカード現金化
posted by シシクラ タダヨシ at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。