2010年01月22日

東大より京大…不況反映で受験「地元・安全・資格」志向 (産経新聞)

 今年の大学受験の傾向は「地元」、「安全」、「資格」−。長引く不況で受験生の国立大学志向が強まるなか、そのなかでも首都圏の大学を目指す「上京志向」や「難関大志向」が薄れ、近いエリアから進学先を選ぶ「地元志向」や「安全志向」が目立つことが大手予備校「河合塾」(名古屋市)の分析で分かった。教育学部や看護学部の志望者が増えるなど「資格志向」も強まっているという。

 今シーズンの18歳人口は9年ぶりに微増し、受験人口は約74万4千人で昨年より0.8%増える。河合塾によると、昨年11月の模試で、国公立大学を志望する受験生は前年比で101%と増加。関西地区では京都大が104%と増えている一方、大阪大が93%、神戸大は96%と減少している。京大が増加は、例年なら東大を目指していた関西の受験生が地元志向で京大に回ったとみている。

 阪大、神大などを受験する層は、やや難易度の低い大阪府立大や大阪市立大などに志望校を変更している傾向がある。このほか、兵庫県立大、滋賀県立大などの公立大の人気も堅調で、地元、安全志向が顕著だという。

 これに対し、関西の私大の関西大、関西学院大、同志社大、立命大のいわゆる「関関同立」を志望する学生は前年比94%と減少。これに続く京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大も前年比93%と減っている。

 地元志向で四国や九州などからの受験生流入が減っていることや、安全志向で、受験校を絞り込むことが影響しているという。

【関連記事】
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情
中学受験もラストスパート!計算力鍛え“キー科目”を制せ
不況で「地元」「資格」志向高く 大学入試シーズン突入
高校無償化、受験シーズン突入の私立に不安・不満
北乃きいキットサクラサク!受験生にエール

新型インフルワクチンを65歳以上への接種開始(産経新聞)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
<火災>別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
posted by シシクラ タダヨシ at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。